生命情報科学若手の会

第11回研究会参加申し込みについて

9/13をもって締め切りました。

参加登録のほどありがとうございました!

生命情報科学若手の会のご案内

近年の生命科学ではゲノムシーケンサーによるオミクス解析、遺伝子・タンパク・細胞・組織レベルの定量的解析、あるいはライブイメージングや画像情報解析といった様々な生命観測技術の発展により、情報学的視点を備えた研究や情報解析技術の開発がますます求められています。

生命情報科学若手の会は、幅広い生命情報科学研究に携わり、情報学的視点に基づいて新しい生命現象の見方を提供する研究を志す、若手や大学院生を中心とした研究者の交流を推進することを目的として、2009 年 2 月に設立されました。

若手の会では毎年、研究会を開催しており、研究内容についてのみならずキャリアパスや共同研究など様々な問題について活発な議論が交わされております。(過去の研究会の様子はこちらで掲載しています:過去の研究会

お知らせ

Twitterアカウント

@bioinfowakate