生命情報科学若手の会

第11回研究会

【台風19号に関するお知らせ】

    • このたびの台風19号により被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。10/15現在、JR中央線(高尾~大月駅間)及び中央自動車道(八王子JCT~大月IC)の間で不通となっており、特に関東方面からの鉄道・高速バスに大きな影響が広がっています。若手の会スタッフで検討した結果、関東方面からの移動ルートとしていくつかの経路が残されており(下記参照)、会場に関しても特段の影響はないとのことでしたので、予定通りに第11回研究会を開催いたします。

【東京方面から会場までの移動ルートに関して】

会場へのアクセス

    • 最寄り駅は「富士急行 富士山駅」です。鉄道路線のほか、富士急ハイランド行きの高速バスも全国各地から多数発着しています。
    • 初日(18日)は富士山駅から会場まで無料のバスを手配します。(12:05、12:30出発)
    • 最終日(20日)の会期終了後も富士山駅行きのバスを手配する予定です。会場出発時刻は20日当日にアナウンスいたします。
    • 駐車場も利用可能です。自家用車等をご利用の場合、参加登録の際にその旨ご連絡ください。
    • 公共交通機関で会場までお越しの際は「河口湖駅」または「富士山駅」で富士急行の「忍野・内野・山中湖・道志・御殿場駅・アウトレット 方面行き」行きバスに乗車し、「浅間神社前」バス停で降車してください。ただし、「浅間神社前」バス停を経由しないバスもあるためご注意ください。詳しくは富士急行路線バスのウェブサイトをご覧ください。

開催趣旨

生命情報科学若手の研究会では、情報科学の視点に基づく新しい生物学研究を志す若手研究者の交流を推進しており、研究発表やディスカッションを泊まり込みで行う合宿形式の研究会を毎年開催しています。wetやdryの垣根なく、学生やポスドクを中心とした幅広い分野の若手研究者の参加があり、研究からキャリアパスの話題に至るまで活発に討論し交流を深めています。

昨年度の研究会では初の試みとして、日本ゲノム微生物学会若手の会と日本光合成学会若手の会との合同で「生命科学系フロンティアミーティング2018」を開催し、およそ120名の方々にご参加頂きました。開催の様子は日本バイオインフォマティクス学会のニュースレターで紹介されています(https://www.jsbi.org/files/8615/5614/9069/NL35_HD.pdf)。

本年度の研究会では、生命情報科学若手の会の単独開催に戻り、山梨県富士吉田市で開催します。今回も、十分な研究費をお持ちでない参加者を対象に、交通費費・宿泊費のサポートを行う予定です。バイオインフォマティクスを始めたいと考えている方や初心者でアドバイスをもらいたいという方から、各種データ解析やアルゴリズム設計、機械学習等のエキスパートの方まで、全国津々浦々からの積極的なご参加をお待ちしております。

→昨年度の研究会の様子はこちら


お知らせ

・9/14 参加登録を締め切りした。

・8/28 参加登録を延長しました。

・7/26 参加登録を開始しました。

・5/16 招待講演者3名が決定しました。

・4/24 生命情報科学若手の会第11回研究会の開催日時/場所が決定しました。


概要

期日 2019年 10月 18日(金)ー20日(日)

会場 富士Calm(カーム)一般財団法人 人材開発センター 富士研修所


代表 平岡聡史 (海洋研究開発機構(JAMSTEC) 生命理工学センター)

年会長 石野響子 (慶應義塾大学 大学院医学研究科)

学生代表 小嶋泰弘 (東京大学 大学院新領域創成科学)

スタッフ一覧


共催 特定非営利活動法人 日本バイオインフォマティクス学会

助成 一般財団法人 中辻創智社

協力 RNAフロンティアミーティング 2019

招待講演


プログラム


参加登録


発表形式

連絡先

スポンサー企業